Trusted Global Innovator

株式会社NTTデータ信越

サプライチェーンプランニング(SCP)システム

システム概要

需要予測にもどづいた生産活動を行うことにより、在庫を減らし、キャッシュフローの改善を目指します。

「作った物を売る」から「売れる物だけ作る」への変革

食品製造業は景気や季節変動、特売情報等によって販売量が常に変化しています。市場の変動する需要に対して顧客に最適な供給活動を行うためには、常に需要予測に合わせた在庫量の調整、生産数の調整が必要となります。サプライチェーンプランニング(SCP)システムはこれらの問題を解決し、食品製造業の供給活動を最適化するためのシステムです。

生産計画立案 必要に応じて販売計画の再作成が可能 販売実績情報特売情報進捗率 販売計画立案 需要予測の自動計算 需要予測の自動計算 生産管理システム MPSを生産管理システムへ受渡し可能

当システムのコンセプト

・在庫コストの削減、欠品防止、過剰在庫の防止を実現
・市場の動向に対して柔軟な生産活動を可能とする
・計画的な生産により作業の平準化/コスト削減を実現

本システムの主な特徴

需要予測の自動計算

過去の販売実績、直近の進捗率、特売情報より、需要予測を品目毎に自動計算します。得意先別、担当者別、支店別等、様々な単位で計算されます。

販売計画立案

自動計算された需要予測に対して、各営業担当者が確認/修正を行い、販売計画の立案を行う機能です。営業担当者が個別に保持している情報をシステムに反映することができます。

在庫計画立案

立案された販売計画と在庫情報より、将来の在庫補充計画の立案をする機能です。

生産計画立案

立案された販売計画、在庫計画、在庫情報より、生産計画の立案をする機能です。この内容はMPS(基準情報計画)として生産管理システムへ受け渡すことができます。

月次計画から週次計画へ

月次で立案された各種計画は週次で再計画が可能です。翌月分のMPSを毎週見直すことにより、計画の精度が向上されます。

エクセル対応

各種情報はすべてエクセルに出力されます。エクセルにて情報を修正後、アップロードすることによりデータの更新が可能です。また、出力されたエクセルを自由に加工して、別の用途としての利用も可能です。

エクセル対応

特売情報の管理

特売情報を登録することにより、販売計画に加味させることが可能です。

特売情報の管理

Web方式を採用

完全Web対応のシステムです。各拠点でのシステム導入にもクライアント環境を気にせずに容易に導入することができます。

イントラマート対応

intra-mart上にて動作するため、intra-martの標準機能であるアクセスセキュリティ機能により内部統制全般に対応しています。
アプリケーション開発基盤intra-mart

詳細はお気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム 法人ビジネス事業部